ホーム > ニュース一覧 > 注目トピックス(1)

注目トピックスのニュース

海外の注目経済指標:米FOMC会合でインフレ抑制の方針が固まる見込み

1月24日-28日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。
01/22 16:56

米FOMC通過後に株安一服との見方も

*21:36JST 米FOMC通過後に株安一服との見方も。
01/21 21:36

コロナ対策としての「移動の自由」の制限【実業之日本フォーラム】

新型コロナ感染症の拡大を防ぐため、各国政府は国内ではロックダウン、国境では厳格な渡航制限という「移動の自由」を制限する施策を続けてきた。
01/21 19:45

北朝鮮のミサイル発射と心理戦【実業之日本フォーラム】

2022年1月、北朝鮮は「新型極超音速ミサイル」の発射2回を含む4回のミサイル発射を実施した。
01/21 15:43

第三の相殺戦略と経済安全保障−先端技術育成に向けて−【実業之日本フォーラム】

アメリカ国防省は、2016年「第三の相殺(オフセット)戦略(Third Offset Strategy)」を公表した。
01/21 10:40

ネットフリックスを対象とするプット型eワラントが前日比3倍超えの大幅上昇(21日10:01時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしてはイーサリアム先物インデックスリンク債_2024年 トラッカー1回 5月 1米ドルなどが見られる。
01/21 10:33

NYの視点:オミクロン変異株流行の労働市場への影響は短期的との見方が主流

米労働省が発表した週次新規失業保険申請件数(1/15)は前週比+5.5万件の28.6万件となった。
01/21 07:32

(中国)人民銀、貸出基準金利を引き下げ

中国人民銀行(中央銀行)はきょう20日日本時間10時15分ごろ、貸出基準金利となる最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」の1年物と5年物をそれぞれ前回の3.80%、4.65%から3.70%、4.60%に引き下げると発表。
01/20 11:14

世界で伸びる太陽光発電市場、日本の再エネ産業成長のためには「一度決めても変更する力」が必要だった…!(2)

●コーヒーかすも資源に変える? 伊原:2012年12月、政権交代によって1年半過ごした国家戦略室がなくなり、いまの会社、Green Earth Institute(グリーンアースインスティテュート)というベンチャー企業に転職しました。
01/20 10:40

世界で伸びる太陽光発電市場、日本の再エネ産業成長のためには「一度決めても変更する力」が必要だった…!(1)

ゲスト 伊原智人(Green Earth Institute株式会社 代表取締役CEO) 1990年に通商産業省(現 経済産業省)に入省し、中小企業、マクロ経済、IT戦略、エネルギー政策等を担当。
01/20 10:38

銀リンク債を対象とするコール型eワラントが前日比2倍の大幅上昇(20日10:02時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つ王子ホールディングス<3861>コール52回 2月 575円を順張り、住友金属鉱山<5713>コール285回 2月 4,550円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ商船三井<9104>コール125回 2月 8,500円を逆張り、日本郵船<9101>コール145回 2月 8,700円を逆張り、日本郵船コール145回 2月 8,700円を逆張りで買う動きなどが見られる。
01/20 10:29

NYの視点:世界各国中銀、早期に積極的な引き締め観測強まる

米連邦準備制度理事会(FRB)は高インフレ長期化を抑制するために年内に4回超の利上げを金利先物市場は織り込み始めた。
01/20 08:06

連載コラム:日本のペイパル・マフィア(第4回)村口和孝さん前編【実業之日本フォーラム】

私が「日本版ペイパル・マフィア」と位置づける人々について紹介していく本連載。
01/19 14:38

ソニーグループを対象とするプット型eワラントが上昇率上位にランクイン(19日10:01時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしては日経平均 マイナス3倍トラッカー79回 3月 34,500円、Inpex<1605>コール231回 2月 950円などが見られる。
01/19 10:25

NYの視点:米3月FOMCで50BPの利上げ観測も浮上

著名投資家でヘッジファンド運営会社パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントを率いるビル・アックマン氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレを抑制するために今年、25ベーシスポイントの利上げを3回から4回行うだろうとの見通しを示した。
01/19 07:36

2022年の世界経済は減速、中国は金融緩和を推進へ

*17:15JST 2022年の世界経済は減速、中国は金融緩和を推進へ。
01/18 17:15

中国的特徴に満ちた危機の一年(2)【中国問題グローバル研究所】

【中国問題グローバル研究所】は、中国の国際関係や経済などの現状、今後の動向について研究するグローバルシンクタンク。
01/18 10:49

中国的特徴に満ちた危機の一年(1)【中国問題グローバル研究所】

【中国問題グローバル研究所】は、中国の国際関係や経済などの現状、今後の動向について研究するグローバルシンクタンク。
01/18 10:42

 1 2 3 4 5 6  次へ進む