ホーム > ニュース一覧 > 注目トピックス(1)

注目トピックスのニュース

銀リンク債を対象とするプット型eワラントが前日比2倍の大幅上昇(19日10:07時点のeワラント取引動向)

新規買いは、原資産の株価下落が目立つファーストリテイリング<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0998300?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9983></a>コール369回 9月 88,000円を逆張り、ファーストリテイリングコール369回 9月 88,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。
08/19 10:14

NYの視点:9月FOMC3会合連続で75BPの利上げも、FRB高官はインフレ対処の勝利宣言ほど遠いと主張

原油価格の下落が奏功し最近の物価圧力やインフレ期待が低下している。
08/19 07:40

FOMCの参加メンバーの多くが過度な金融引き締めがもたらす影響を警戒

17日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨(7月開催分)によると、参加者は米国のインフレ圧力が弱まっている証拠はほとんどないことに同意していたことが判明した。市場参加者の間からは「9月以降も利上げが継続される可能性は極めて高い」との声が聞かれているが、FOMCの参加メンバーの多くが過度な金融引き締めは経済に悪影響を与えること警戒していることも判明しており、一部の市場参加者は「利上げが年内で停止される可能性は残されている」と指摘している。来週から9月上旬にかけて発表されるインフレ関連の経済指標は、為替相場や金利見通しに大きな影響を与える材料となりそうだ。《MK》。
08/18 17:26

米ドルを対象とするニアピンeワラントが上昇率上位にランクイン(18日10:11時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしてはアドバンテスト<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0685700?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><6857></a>コール235回 9月 7,200円、日経平均コール2181回 9月 24,000円、日経平均コール2180回 9月 22,500円、ファーストリテイリング<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0998300?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9983></a>コール367回 9月 68,000円などが見られる。
08/18 10:20

NYの視点:FRB、利上げ継続で合意も、4−6月期の成長減速を認識、過度の利上げリスクにも注視

連邦準備制度理事会(FRB)が公表した7月開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の中で、金融政策者はインフレが容認できない程高いと考えていることを再表明し、利上げを継続していくことで考えが一致したことが明らかになった。
08/18 07:39

太平洋セメントを対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(17日10:11時点のeワラント取引動向)

上昇率上位は太平洋セメント<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0523300?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><5233></a>コール137回 9月 2,600円(+28.6%)、太平洋セメントコール136回 9月 2,300円(+26.6%)、SBIホールディングス<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0847300?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><8473></a>コール318回 9月 3,350円(+25.0%)、ソニーグループ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0675800?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><6758></a>コール433回 9月 14,000円(+24.6%)、バンダイナムコホールディングス<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0783200?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7832></a>コール116回 9月 12,000円(+23.8%)などとなっている。
08/17 10:20

コラム【ポートフォリオのススメ】時間分散の効果(マネックス証券 塚本 憲弘)

今年のドル円は115円台から始まり、資源価格高騰による貿易収支の悪化と米利上げによる日米金利差をテーマに急速に円安が進行、一時は1998年以来の139円台に上昇しました。
08/17 09:31

NYの視点:米7月住宅着工件数もパンデミック来の低水準

米7月住宅着工件数も米住宅市場がパンデミック来の低水準に落ち込んだことを示す新たな証拠となった。
08/17 07:30

バンダイナムコHDを対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(16日10:00時点のeワラント取向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つサイバーエージェント<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0475100?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><4751></a>コール214回 9月 1,650円を順張りで買う動きなどが見られる。
08/16 10:26

中国の2022年成長率予測はさらに引き下げられる可能性も

中国人民銀行(中央銀行)は8月15日、中期貸出制度(MLF)の1年物金利を2.85%から2.75%に、7日物リバースレポ金利を2.1%から2.0%に引き下げた。金利引き下げは予想されていなかった。ただ、7月の小売売上高と鉱工業生産は市場予想を下回っており、金利引き下げは正当化されたとみられている。市場参加者の間からは「中国のゼロコロナ政策はサービス業などに打撃を与えており、家計消費を圧迫している」との声が聞かれている。ただ、一部の参加者は「ゼロコロナ政策が個人消費を圧迫することは明白であり、理由は不明だが中国政府は景気減速を意図しているように思える」と指摘している。。
08/16 09:18

NYの視点:米住宅市場はリセッション

全米住宅産業協会(NAHB)が発表した8月NAHB住宅市場指数は49と、7月55から予想以上に低下した。
08/16 07:31

銀リンク債を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(15日10:02時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つソフトバンクグループ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0998400?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9984></a>コール619回 9月 5,500円を順張り、信越化学工業<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0406300?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><4063></a>コール225回 9月 19,000円を順張りで買う動きなどが見られる。
08/15 10:15

NYの視点:【今週の注目イベント】FOMC議事録(7月開催分)、米7月小売売上高、ユーロ圏GDPなど

今週は米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)(7月開催分)の議事録を公表する予定で注目が集まる。
08/15 08:01

国内外の注目経済指標:日本の4-6月期GDPはプラス成長に 

8月15日−19日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。
08/13 14:59

米インフレ持続で2023年1-3月期まで利上げ継続も

11日発表の7月米生産者物価指数(PPI)は、前月比-0.5%と+0.2%程度の市場予想に反して低下し、前年比では6月実績の+11.3%を下回る+9.8%にとどまった。同コアPPIは前年比+7.6%で伸び率は6月実績の+8.4%を下回った。インフレ率は鈍化しつつあることを示唆する結果となった。小売価格などへの価格転嫁の動きは一巡したとの見方は増えており、消費者物価(CPI)の伸び率は今後鈍化する可能性が高いとみられる。。
08/12 20:06

銀リンク債を対象とするプット型eワラントが前日比2倍の大幅上昇(12日10:00時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つソフトバンクグループ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0998400?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9984></a>コール620回 9月 6,200円を順張り、大日本印刷<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0791200?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7912></a>コール46回 9月 3,800円を順張りで買う動きなどが見られる。
08/12 10:27

NYの視点:米9月FOMCでの75bp利上げ観測も根強い、FRBのインフレ抑制対策継続

米労働省が発表した7月生産者物価指数(PPI)は前月比-0.5%と、予想外にパンデミックによる経済封鎖開始直後の2020年4月来で初めてのマイナスとなった。
08/12 07:37

米金融政策の動向については予断を許さない状況がしばらく続くか

米労働省が10日に発表した7月消費者物価指数(CPI)は、前年比+8.5%で伸び率は6月実績の9.1%を下回った。同コア指数は前年比+5.9%で伸び率は6月実績と同水準だった。市場参加者の間からは「7月のインフレ率は予想を下回ったものの、直近のインフレ率は年初時点の想定よりも高い水準にとどまっている」との声が聞かれている。。
08/11 19:09

 1 2 3 4 5 6  次へ進む