ホーム > ニュース一覧 > 教育(1)

教育のニュース

【映画で学ぶ英語】『恋人たちの予感』の映画史に残る名言

1989年公開の『恋人たちの予感』は、ニューヨークで2人の男女が付かず離れずの関係をキープし続ける12年間の軌跡を描いた、ロマンティック・コメディだ。
05/22 15:33

「泥の中の豚のように幸せ」とは? 農場由来の英語の成句・ことわざ

英語には、人々の日常生活や感情を豊かに表現する、多くの成句やことわざが存在する。
05/21 08:55

1日1個のリンゴで医者いらず? イギリスに由来を持つ英語のことわざ

英語には、イギリスの歴史と文化から生まれたことわざが多数存在する。
05/12 16:18

【映画で学ぶ英語】『情熱の航路』の映画史に残る名言

1942年に公開された『情熱の航路』は、クルーズ旅行での出会いをきっかけに1人の若い女性が成長していく姿を描いた恋愛ドラマ映画だ。
04/29 16:38

仮想通貨投資で始める副業 メリットやリスクは?

新NISAが大きな注目を集めているが、仮想通貨投資も副業として検討する余地があるだろう。
04/29 16:16

メーデー(May Day)から学ぶ英語表現

5月1日の「メーデー(May Day)」は、日本では一般的に労働者の日として知られているが、ヨーロッパではもともと春の訪れと豊穣を祝う伝統的な祭りの日だった。
04/28 16:11

実はたくさんある!? 英国王室に由来する英語表現

前回、イギリスのパブには英国王室にちなんだ名前が多いと述べたが、王室の影響はパブだけに留まらない。
04/25 11:04

【映画で学ぶ英語】『ア・フュー・グッドメン』の映画史に残る名言

1992年に公開された『ア・フュー・グッドメン』は、同僚を殺害した罪に問われた2人の海兵隊員の軍法会議を描いた法廷ドラマだ。
04/19 09:17

英語と文化の交差点:イギリスで人気のパブの名前トップ5

前回も少し触れたように、イギリスのパブはその土地の歴史や文化に深く根ざしている。
04/18 11:27

「zonked」とはどんな状態? イギリス英語のスラング特集(35)

イギリス英語のスラング特集として、これまで「A」から順に紹介してきたが、とうとう「Z」までたどり着いた。
04/06 16:24

覚えておきたい中国語のネット流行語10選【2024年版】

中国では毎年、新聞・雑誌等各種メディアがネット流行語を発表している。現代社会において、ネット流行語はその国の社会状況を理解するためのキーワードだ。
04/03 15:59

【映画で学ぶ英語】『ザ・エージェント』の映画史に残る名言

1996年に公開された映画『ザ・エージェント』は、コメディタッチのスポーツ・ヒューマンドラマだ。
04/02 16:37

丁寧なつもりが失礼になってしまう英語のフレーズ集 (10)

学校の英語の授業では、文法は教わるものの、基本的には細かなニュアンスは教えられることは少ない。
03/31 14:46

「Yob」とはどんな人のこと?イギリス英語のスラング特集(34)

イギリス英語のスラングには、社会的な背景や行動パターンを映し出しているものが多い。
03/30 09:46

丁寧なつもりが失礼になってしまう英語のフレーズ集 (9)

学校の英語の授業では、文法は教わるものの、基本的には細かなニュアンスは教えられることは少ない。
03/27 09:24

「Wally」って誰のこと? イギリス英語のスラング特集 (33)

イギリス英語のスラングをアルファベット順に紹介する今シリーズも、いよいよ残り少なくなった。
03/25 09:18

【映画で学ぶ英語】『暴力脱獄』の映画史に残る名言

1967年に公開された『暴力脱獄』は、1950年代前半のフロリダ州の刑務所を舞台にしたヒューマンドラマだ。
03/19 14:56

「風」ではない「wind」を使ったスラング2選! イギリス英語のスラング特集 (32)

「wind」と言うと、多くの人は「ウィンド(風)」のことを想起するが、英語ではもう一つ、「巻きつける」、「曲がりくねる」という意味の動詞の「wind」(ワインド)もある。
03/17 18:04

「whinge」で「泣き言を言う」? イギリス英語のスラング特集 (31)

イギリス英語の独特な魅力の1つに、その表現の豊かさがある。「whinge」というスラングはその好例だ。
03/10 15:59

【映画で学ぶ英語】『オッペンハイマー』、トルーマン大統領のセリフを解説

3月29日に公開予定の『オッペンハイマー』は、米国の原爆開発を科学者として主導した理論物理学者、ロバート・オッペンハイマーの半生を描いた伝記映画だ。
03/03 17:29

「waffle」と「wangle」とは? イギリス英語のスラング特集 (30)

イギリス英語のスラング、今回は、「waffle」と「wangle」の2つを紹介する。
03/03 16:36

丁寧なつもりが失礼になってしまう英語のフレーズ集 (8)

学校の英語の授業では、文法は教わるものの、細かなニュアンスが教えられることは少ない。
02/29 15:59

ナンセンスを意味する「tosh」と「twaddle」: イギリス英語のスラング特集 (29)

イギリス英語には、懐疑心や不満を表現するためのスラングが非常にたくさんある。
02/24 14:02

丁寧なつもりが失礼になってしまう英語のフレーズ集 (7)

学校の英語の授業では、文法は教わるものの、基本的には細かなニュアンスが教えられることは少ない。
02/23 08:50

「throw a wobbly」「tickety-boo」とは? イギリス英語のスラング特集 (28)

言語を問わずスラングには、人間の感情を表すものが多い。
02/18 20:20

 1 2 3 4 5 6  次へ進む