ホーム > ニュース一覧 > 電気・ガス・水道業(1)

電気・ガス・水道業のニュース

中部電力ミライズ、料金を改定 昼夜の発電費用の差が大幅に縮小、

中部電力ミライズは15日、すでに受付を停止している一部の電気料金メニューに関して、昼間料金単価に関しては引き下げ、一方で夜間料金単価を引き上げ、夜間運転機器の割引廃止などの措置を行うと発表した。
10/20 16:28

東電原発事故の損害賠償額、累計10兆円超える

東京電力が福島第一原発事故に伴い支払った賠償額は累計で今年3月に10兆円を超え、8月現在で10兆786億円に達した。
09/28 08:15

東電やシャープら、初期投資・管理が不要な太陽光発電をホームセンターへ導入

東京電力ベンチャーズは21日、オンサイトPPA(Power Purchase Agreement:電力購入契約)モデルによる太陽光発電システムを、アークランドサカモトが運営するホームセンターに導入したと発表した。
09/22 07:30

いちごの「再生エネルギー」REITの登場を心待ちにしたい

いちごのビジネスは「心築(しんちく)事業」「J-REIT事業」、そして「クリーンエネルギー事業」。
05/17 16:08

新電力大手のF-Powerが経営破綻、電力価格高騰による初の倒産

新電力大手のF-Powerが24日、東京地裁に会社更生法を申請した。
03/26 08:08

電力自由化を牽引する丸紅の実態

電力自由化は周知の通り、2016年に本格的に実施された。
02/08 16:23

新電力、電力の卸値高騰などから新規契約停止や事業休止などの動き

しばらく続いた電力需給の逼迫問題で、卸電力のスポット価格が1キロワット時150円を超えるなどしたことから、新電力に様々な影響が出ているようだ。
01/28 09:56

JEPXの電力取引価格が高騰、請求金額が前年比2倍以上になる可能性も

日本卸電力取引所(JEPX)で電力価格が高騰している。
01/13 09:14

レノバの株価動向が示す、洋上風力発電本格化の号砲

菅義偉首相は先のG20で「2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする」と表明した。
12/21 16:58

中部電、HACCP対応の自動解凍機開発 冷蔵庫の最大6分の1の時間に短縮

中部電力は26日、菱豊フリーズシステムズ(奈良県奈良市)と共同で、冷凍食品を時短解凍する機器「Sassa(サッサ)」を開発したと発表した。
10/27 13:06

関西電力、AIとドローンで次世代型の洋上風力発電目指す

関西電力がドローンとAIを用いた洋上風力発電の研究に本腰を入れる。
10/21 16:47

東京都下水道局の「水面制御装置」が話題 河川に流れるゴミの流出を抑制

東京都下水道局がTwitterに「水面制御装置」なるものを投稿して話題になっているようだ。
07/22 08:39

九州で再び「電圧フリッカ」発生、メガソーラーの影響など原因を調査中

九州電力管内で、2017年以降はしばらく発生していなかった大規模な「電圧フリッカ」が再び発生するようになっているという。
06/12 20:03

NTT、独自電力網を整備へ

NTTが独自の電力網整備に乗り出すそうだ。
11/14 09:31

レタスを1日5トン生産 九電が世界最大級の植物工場建設を検討

九州電力(福岡市中央区)は25日、世界最大級となる植物工場の建設に向けて、植物工場事業を手がけるスプレッド(京都市下京区)などと検討を開始したと発表した。
09/26 09:13

東北電、電力の小売自由化や送配電分離をチャンスとし成長へ挑む

東北電力は9月2日、秋田火力発電所3号機を9月1日より廃止したと発表した。
09/08 20:11

富山市、SDGs推進で北陸電力と協定 エネルギーの低炭素化やEV活用など

富山市と北陸電力は、富山市の持続可能な街づくりを推進するため、「SDGsの推進に関する包括連携協定」を締結した。
07/02 19:11

九電、2030年へ向け低炭素社会化の推進と経常利益1500億円目指す

九州電力は6月7日、事業活動を通じて九州の持続的発展に貢献し、地域社会と共に将来にわたって成長していくために、長期的な視点に立って経営を推進していく「九電グループ経営ビジョン2030」を策定したと発表した。
06/16 19:37

住友商事や四国電力など、UAEで火力発電所を着工

住友商事、四国電力、GEエナジー・フィナンシャル・サービス、シャルジャ・アセット・マネジメントの4社は、アラブ首長国連邦(UAE)シャルジャ首長国において、ハムリヤ・ガス炊き複合火力発電所事業に参画しており、5月15日、これが着工した。
05/21 12:09

北海道と本州を結ぶ送電設備、90万kWから120万kWに増強へ

今年3月28日より北海道と本州をつなぐ送電線設備「新北海道本州間連系設備(新北本連系設備)」の運転が開始されたが(過去記事)、今後北海道と本州をつなぐ送電設備のさらなる増強が行われる模様。
05/21 09:14

SBエナジー、再エネ普及を見据えて米気象予報会社に約7億7千万円出資

SBエナジーは9日、米国の気象予報会社 ClimaCellへの出資契約を締結し、同社に700万ドル(約7億7000万円)を出資したと発表した。
04/10 07:57

新北本連系設備運用開始、北海道・本州間の連系容量が90万kWに増加

北海道電力が3月38日、北海道と本州をつなぐ送電線設備「新北海道本州間連系設備(新北本連系設備)」の運転を開始した。
04/02 23:21

京セラと関電が個人向け太陽光発電サービス 新会社設立し19年秋から

京セラ(京都市伏見区)と関西電力(大阪市北区)は27日、新たな個人向けの太陽光発電サービスを開始するため、新会社「京セラ関電エナジー合同会社」を設立すると発表した。
03/28 18:36

エナリスの上場廃止が持つ意義

3月13日、東証マザーズ市場から1社がその姿を消した。
03/17 20:51

九州電力、原発の安定稼働を理由に電気料金を値下げへ

九州電力が4月1日からの電気料金の値下げを発表した。
03/01 23:37

 1 2 3 4 5 6  次へ進む