ホーム > ニュース一覧 > 機械・プラント(1)

機械・プラントのニュース

北川鉄工所、前期の減損影響が無くなり当期純利益は黒字転換の見込み コロナ禍前の業績水準へ改善を図る

北川祐治氏(以下、北川):みなさま、本日はお忙しい中、こうして決算説明会においでいただきましてありがとうございます。
06/01 18:15

太平洋工業、通期で販売物量増加により売上高は増加 継続的な収益改善活動の推進により各利益過去最高

小川信也氏:本日は「2021年度業績」ならびに「2022年度通期予想」についてご説明したのち、「中期経営計画OCEAN-22」、「サステナビリティ経営」についてご説明させていただきます。
05/13 07:48

三菱重工、マイクロ原発を2030年代に商用化へ

三菱重工がトレーラー運搬可能なコンテナに収まるマイクロ原発を2030年代に商用化するという。
04/20 08:15

サトーHD、自動認識技術により社会課題解決に貢献

小瀧龍太郎氏(以下、小瀧):本日は、こちらの流れでご説明します。
03/16 16:32

ケルヒャージャパン、高圧洗浄機で「ヤマビル」駆除の実証実験

清掃機器メーカーのケルヒャー・ジャパン(神奈川県横浜市)は、日本大学と共同で、温水高圧洗浄機による「ヤマビル」駆除の実証実験を開始した。
02/27 15:54

かつて四季報は買うものではなく、貰うものだった!?

かつて「会社四季報」は買うものではなかった。貰うものだった。今と異なりPCで情報を検索してから企業取材を、という状況になかった。
02/11 08:18

寿司を大衆の食べ物にしてくれた、寿司ロボ:鈴茂器工の新たな舞台

かつて飛び込んだ町の寿司屋の値札には、「時価」と書かれた品が少なくなかった。
01/26 16:03

新潟市とグローリー、顔認証活用した手ぶら商店街の実証実験 市中心部で

新潟市および、貨幣処理機や顔認証機器製造のグローリーは、2021年1月15日から2月末まで、新潟市中心部の「にいがた2キロ」で顔認証決済サービスを活用した「手ぶら商店街」の実証実験をする。
12/07 07:22

18期連続増配予想企業:栗田工業も足元は慎重、転機は半導体状況!?

半導体不足が「自動車生産減の元凶」「偽物まで出現」といった具合に、深刻に伝えられている。
11/16 08:26

クボタ、ESG中心経営と既存事業のグローバルな拡大で成長目指す

株式会社クボタは10月26日、スペインのトラクター用機器メーカー「フェデ社」を買収すると発表した。
11/09 07:49

住友重機、環境・気候の変動に対応した事業ポートフォリオ転換で成長目指す

住友重機械工業は10月18日、スマートフォンに使用する画面の光を均一に表示する導光板を製造する、新型全自動導光板専用機「SE-315EV-A-LGP」を発売した。
10/27 08:27

IHI、製造からソリューション主体事業への構造改革で利益大幅増を目指す

10月5日IHIは、アンモニア大規模サプライチェーンの実現に向け、大型アンモニア受入基地の開発を開始した。
10/11 16:56

冷凍冷蔵倉庫型のレーザー誘導無人フォークリフトを開発 三菱重工ら

三菱重工業は14日、作業内容に応じて搬送計画を立てられるレーザー誘導方式の無人フォークリフト「PLATTER Auto」を開発したと発表した。
06/15 07:40

川崎重工、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を公開

川崎重工業は24日、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を報道陣向けに公開した。
05/27 09:33

川崎重工とソニー、ロボットプラットフォームの新会社設立

川崎重工業とソニーグループは21日、ロボットプラットフォーム事業を行う新会社を設立することで合意したと発表した。
05/22 09:48

自動運転時代で注目される新明和の機械駐車場技術と、100年史

ホンダが正式に自動運転「レベル3」に相当する自動運転技術を搭載した「レジェンド」を、3月5日に発売すると発表したのは前日4日のことだった。
05/06 16:46

協業ロボ登壇で拡がる産業用ロボット市場

2月22日の企業・産業欄に『日本の宝でもある産業用ロボット業界に、「揺さぶり」をかける動きを感じる』と題する記事を投稿した。
03/22 16:20

日本の宝でもある産業用ロボット業界に、「揺さぶり」をかける動きを感じる

「コロナ禍で密回避という気運の高まりもあり、注目が高まった」とも指摘される、産業用ロボット(以下、ロボット)業界。
02/22 17:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む