ホーム > ニュース一覧 > 軍事・防衛(1)

軍事・防衛のニュース

3種類の弾頭を交換できる巡航ミサイルを開発へ

政府は攻撃用、偵察用、防空妨害用の3種類の弾頭を交換することが可能な「新型巡航ミサイル」の開発に乗り出す。
01/19 08:59

中国軍の新型無人偵察機、日本近海で初確認

防衛省の発表によると1日の午前から午後にかけて、中国軍の偵察型無人機「WZ7」1機が沖縄本島と宮古島の間の上空を飛行していたそうだ。
01/05 16:46

政府、陸自の戦闘ヘリ全廃し無人機に置き換える方針固める

日本政府が航空自衛隊の救難捜索機や陸上自衛隊の戦闘ヘリコプターなどを廃止する方針であるという。
12/14 09:02

政府、航空自衛隊を航空宇宙自衛隊に改称へ

政府は航空自衛隊の名称を「航空宇宙自衛隊」に変更することを「国家安全保障戦略」等の防衛3文書に盛り込むという。
12/09 17:51

防衛省、ミサイル情報収集へ衛星50基の打ち上げ検討

防衛省は情報収集目的の小型人工衛星、「衛星コンステレーション」を約50基ほど打ち上げることを検討しているという。
11/05 15:18

政府、米国製巡航ミサイル「トマホーク」を購入か

政府は防衛力強化の一環として、米国の長距離巡航ミサイル「トマホーク」の購入を検討していることが国内メディアで報じられている。
11/01 11:30

防衛省、弾道ミサイル防衛用の迎撃ミサイルは4割不足

防衛省は21日、弾道ミサイル防衛(BMD)で用いる迎撃ミサイルが必要量の6割程度しか確保できていないとの試算を発表した。
10/25 16:33

防衛装備品の輸出「国主導」で推進、防衛産業の立て直しへ

読売新聞によると、政府は国家安全保障戦略の改定時に、防衛装備品の海外輸出を「国主導」で推進する方針を明記するそうだ。
09/29 08:57

政府、弾薬に使う火薬工場建設へ 自衛隊向け

政府は自衛隊の弾薬に使う火薬の生産工場を建設し、製造技術を持つ防衛産業に生産委託し、全量を買い取る計画のようだ。
09/21 11:31

空自の次期戦闘機、イギリスと開発計画を統合の方向に

読売新聞によれば、日英両政府は次期戦闘機に関して双方の開発計画を統合、共通機体を共同開発する方向で最終調整に入ったそうだ。
08/17 06:47

防衛省が哨戒艦の主契約社を選定 概要も判明

防衛装備庁が昨年募集していた海上自衛隊向けの哨戒艦建造企業が確定したそうだ。
07/16 11:04

無人機などの研究開発に全力であたる 岸防衛相

岸信夫防衛大臣は21日の記者会見で、自民党国防議連から(1)研究開発費5年間で1兆円への引き上げ、来年度は少なくとも5000億円の確保を(2)「原則、一般競争入札」となっている現行制度の見直し(3)防衛産業支援のための法人設立、などの提案を受けたことについて「防衛産業、生産力・技術力の抜本的強化に向けて大変力強い提言をいただいた」と提言を歓迎した。
06/23 11:07

自衛隊に「宇宙作戦群」が発足

航空自衛隊に宇宙ゴミや他国の人工衛星の監視などの任務を担当する「宇宙作戦群」が発足したという。
03/23 08:46

陸自がインドと訓練、屋内実弾射撃や市街地戦も

陸上自衛隊は27日から3月10日まで、インド陸軍とともにインドで共同訓練を実施する。
02/22 09:00

防衛省、「情報戦」の体制整備へ 日本を対象とした攻撃に備え

産経新聞によると、防衛省が「情報戦」への体制整備を進めているのだそうだ。
02/17 16:31

護衛艦いずも、中国空母監視のため海上でクリスマスを迎える

ひきこもりのオタクではない(航母不是宅男)中国人民解放軍海軍(PLAN)の空母遼寧(Liaoning)を監視中の海上自衛隊の護衛艦いずもはその状態のままクリスマスを迎えたようだ。
12/29 08:42

陸上自衛隊が10万人動員の大演習 部隊移動や補給の課題を洗い出し

陸上自衛隊の訓練が現在、全国各地で行われている。
10/23 09:09

防衛省と米海兵隊、護衛艦「いずも」 へのF-35B発着艦検証作業を実施

防衛省は30日、護衛艦「いずも」でステルス戦闘機のF-35の短距離離陸・垂直着陸型であるF-35Bの発着艦検証作業を実施すると発表した。
10/06 11:45

陸自、ほぼ全部隊約10万人参加規模の訓練実施へ

岸信夫防衛大臣は10日、今月15日~11月30日までの間に全国の自衛隊の駐屯地や演習場で陸上自衛隊のほぼ全部隊、約10万人参加の規模で「陸海空自衛隊の輸送力、米軍や民間の輸送力を活用し、各方面を跨いだ部隊の機動展開や全国規模での装備品・補給品の輸送などに焦点を当てた訓練を実施する」と発表した。
09/12 19:27

小中学生向け防衛白書、防衛省HPで公開

岸信夫防衛大臣は10日の記者会見で「小学校高学年から中学生を主な対象にした『はじめての防衛白書(まるわかり!日本の防衛)』を作成し、16日から防衛省ホームページで公開する」と発表した。
08/15 15:14

次期戦闘機 35年の量産配備へ開発 防衛相

岸信夫防衛大臣は18日の記者会見で「次期戦闘機」について「2035年ころまでに量産初号機を配備できるよう、次期戦闘機の開発を着実に進める」と語った。
12/20 17:18

防衛省、極超音速ミサイル対策のため新しい観測手法を検討

中国やロシア、そして北朝鮮はそれぞれ、低高度を高速で滑空する極超音速ミサイルなどの開発を進めている。
11/04 18:13

イージス・アショア洋上代替案、日米緊密に連携

岸信夫防衛大臣は7日、エスパー米国防長官と電話会談した。
10/08 18:07

航空自衛隊にRC-2電波情報収集機配備 C-2初の派生機

航空自衛隊は10月1日、RC-2(電波情報収集機)の入間基地への配備記念式典を実施した。
10/08 17:22

改正防衛省設置法が成立、年度内の宇宙作戦隊発足が決まる

「宇宙作戦隊」の新設などが盛り込まれた改正防衛省設置法が可決・成立した。
04/22 08:41

 1 2 3 4 5 6  次へ進む