ホーム > ニュース一覧 > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース

カブトムシの夜行性はハチが影響か 山口大の研究

山口大学がオオスズメバチがカブトムシを攻撃し、早朝に餌場を奪うことが分かったと発表した。
12/02 08:49

昆虫に感染する細菌ボルバキアが「オス殺し」を起こすメカニズム解明、東大

チョウやガに感染する細菌「ボルバキア(Wolbachia)」は、昆虫宿主の生殖システムを自身の都合のよいように変化させる特性がある。
11/23 12:00

天然記念物「春採湖ヒブナ生息地」のヒブナ、100年前に放流されたキンギョとの交配で誕生

京都大学などの共同研究グループは、北海道の春採湖などに生息する緋色のフナ「ヒブナ」について、クローンフナと約 100 年前に放流されたキンギョの交雑に由来することを突き止めた。
10/24 09:22

ハチノスツヅリガの幼虫、唾液にポリエチレンを分解する酵素 

ポリエチレン (PE) の酸化と解重合を可能にする酵素がハチノスツヅリガの幼虫の唾液から発見された。
10/10 15:42

絶滅したと思われていた万能薬ハーブ「シルフィウム」、トルコで再発見か

絶滅したと信じられていた古代の「奇跡の植物」がトルコで生存している可能性が出てきたそうだ。
10/06 17:01

絶滅危惧種のニホンザリガニ、ネットオークションでの取引が急増

北海道大の調査によると、絶滅危惧種のニホンザリガニがオークションに出される事例が増加しているという。
08/04 19:05

米昆虫学会、オオスズメバチを「northern giant hornet」として一般名リストに登録

米昆虫学会 (ESA) は 7 月 25 日、オオスズメバチ (Vespa mandarinia) の一般名を「northern giant hornet」として昆虫及び関連生物の一般名リストに登録した。
07/29 08:15

キツツキの頭蓋骨は木つつき時の衝撃を吸収せず 欧州での研究

ベルギー・アントワープ大学などの研究グループが、キツツキの頭蓋骨に木つつき時の衝撃を吸収する仕組みが備わっていないことを示す研究成果を発表している。
07/21 07:54

衝撃波を出すテッポウエビ、自らを衝撃波から守る仕組みを備えていた

テッポウエビ属やツノテッポウエビ属のエビはハサミ状の第一脚から衝撃波を出すことで知られるが、外骨格に自らを衝撃波から守る仕組みを備えているというサウスカロライナ大学の研究グループによる研究成果が発表された。
07/16 19:29

ヨコヅナイワシ、水深2000m以深に棲息する世界最大の深海性硬骨魚類だった

JAMSTEC が昨年新種として報告したヨコヅナイワシについてさらに調査したところ、水深 2,000 m 以深に棲息する深海固有種として世界最大の硬骨魚類であることがわかったそうだ。
07/03 17:02

海亀が増えて、ウミショウブの藻場が減少 西表島

読売新聞の記事によれば、沖縄県西表島に近い黒島などで絶滅危惧種のアオウミガメが近年急増中だという。
07/02 08:23

世界最大の植物、豪シャーク湾で発見 4500年かけ180kmにわたり拡大か

豪シャーク湾で世界最大の植物が発見されたそうだ。
06/06 17:26

謎の古生物「パレオスポンディルス」、ミッシングリンク的存在だった

これまで正体不明だった謎の脊椎動物「パレオスポンディルス」の正体について、理化学研究所などが正体を突き止めたと発表した。
05/31 08:37

ヤドカリの家を「建て増し」する新種のイソギンチャク 東大などの研究

イソギンチャクの中には、ヤドカリの家の上で共生関係を営む種があることはかねてより知られていたのだが、今回、そのヤドカリの家の構造体を、自らの分泌液を硬化させて増大する新種が発見された。
04/27 11:47

ネコは親しい相手の名前を聞き分けられる 京大の研究

ネコは人の言葉が分かる、と少なからぬ数の人間が信じているが、科学的に見てその真偽のほどはどうなのであろうか。
04/26 07:40

筑波大ら、蚊の発育を停止させるフラボノイド発見

筑波大学などの研究グループが、蚊の成長を止める化合物を発見したそうだ。
04/16 08:52

魚にも右利きと左利きがある

世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」と名古屋大、富山大の共同研究チームによると、特定の種類の魚には体の左右一方をよく使う「利き」があるそうだ。
04/13 13:27

大阪空港でアルゼンチンアリが大量発生

NHKの記事によれば、南米原産の特定外来生物「アルゼンチンアリ」が、大阪空港で大量に繁殖しているそうだ。
04/06 09:04

植物はなぜ雨に打たれると免疫を活性化するのか 仕組みを解明 名大

名古屋大学は9日、植物が雨に打たれることで免疫を活性化する仕組みを解明したと発表した。
03/17 07:43

米昆虫学会、マイマイガの新しい一般名を「Spongy Moth」に

若干旧聞となってしまったが、米昆虫学会 (ESA) ではマイマイガの新しい一般名を「spongy moth」と決めたそうだ。
03/13 15:11

最古の家禽はガチョウだった? 7000年前の痕跡、北大などの研究

従来の知見では、最古の家禽はニワトリで、それも紀元前二千年以降のことと考えられてきたのだが、どうやらその情報は大きく覆されることになったようだ。
03/09 10:52

幻の花ラフレシアの新たな自生地を発見 国立環境研究所などの研究

ラフレシアは「世界最大の花」として知られているため、名前や姿くらいは知っているという人も多いと思うが、実は生息地は少なく、また生態に関しても謎が多い。
03/03 10:47

東京都内でカタツムリに寄生する新種の寄生虫を発見 東邦大の研究

東京都港区にある国立科学博物館附属自然教育園で、カタツムリの仲間に寄生する新種の吸虫が見つかった。
03/01 11:36

新種の寄生甲殻類、「オシリカジリムシ」と命名 鹿児島大の研究

鹿児島県出水市の干潟で、新科新属新種の珍しい甲殻類が発見された。
02/03 11:54

佐渡島周辺で発見されたゴカイ類の新種、キングギドラにちなんだ名前に

東京大学・三崎臨海実験所やドイツ・ゲッティンゲン大学などの研究グループが佐渡島周辺の浅海で発見したゴカイ類の新種にキングギドラにちなんだ学名「 Ramisyllis kingghidorahi 」が付けられた。
02/02 12:30

 1 2 3 4 5 6  次へ進む