ホーム > ニュース一覧 > 注目トピックス(1)

注目トピックスのニュース

シャープを対象とするコール型eワラントが前日比2倍の大幅上昇(6日10:00時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしてはメタ・プラットフォームズ プット153回 11月 170米ドル、ファナック<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0695400?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><6954></a>コール272回 10月 22,500円などが見られる。
10/06 10:23

10/6の強弱材料

10/6の強弱材料
10/06 08:20

NYの視点:米9月雇用統計:FRBの大幅利上げ継続の必要性を示唆するかどうかに注目

米労働省が発表する最新9月雇用統計で失業率は引き続き50年ぶりの低水準付近が維持される見込みとなっている。
10/06 07:38

今日の注目スケジュール:印サービス業PMI、ユーロ圏小売売上高、米新規失業保険申請件数など

今日の注目スケジュール:印サービス業PMI、ユーロ圏小売売上高、米新規失業保険申請件数など
10/06 06:30

米国のインフレと景気見通しは引き続き不透明

4日のニューヨーク外為市場では主要通貨に対するドル売りが優勢となった。11月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では0.75ポイントの追加利上げが決定されるとの見方が多いものの、利上げ幅は0.5ポイントにとどまるとの見方が以前よりも増えていることがドル売りにつながったようだ。この日発表された8月雇用動態調査(JOLTS)で求人件数は市場予想を下回ったことも材料視された。。
10/05 16:51

米ドルを対象とするニアピン型eワラントが上昇率上位にランクイン(5日10:00時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしては三菱重工業<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0701100?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7011></a>コール196回 10月 5,000円、アップル プット185回 11月 140米ドルなどが見られる。
10/05 10:08

コラム【ポートフォリオのススメ】みんなの意見は正しい?(マネックス証券 塚本 憲弘)

1986年にスペースシャトル・チャレンジャー号が墜落した際、その原因を誰よりも早く察知したのは株式市場でした。
10/05 09:21

10/5の強弱材料

10/5の強弱材料
10/05 08:24

NYの視点:米8月JOLT求人件数:労働市場のひっ迫緩和の兆し、FRBの大幅利上げの可能性後退へ

米労働省が発表した8月JOLT求人件数は1005.3万件と、7月1117万件から10%減少、予想も下回り昨年6月来で最低となった。
10/05 07:33

今日の注目スケジュール:サービス業PMI、米ADP全米雇用報告、米ISM非製造業景況指数など

今日の注目スケジュール:サービス業PMI、米ADP全米雇用報告、米ISM非製造業景況指数など
10/05 06:30

伊藤忠商事を対象とするコール型eワラントが前日比3倍の大幅上昇(4日10:08時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしてはビットコイン2022年11月 マイナス3倍トラッカー1回 11月 18,500米ドル、NTN<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0647200?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><6472></a>コール49回 11月 275円などが見られる。
10/04 10:17

米雇用拡大のペースは9月以降、大幅に鈍化する可能性

3日の米国株式市場で主要株価指数は上昇。クワーテング英財務相が所得税の最高税率を引き下げる計画を撤回すると発表したことや米供給管理協会(ISM)発表の9月ISM製造業景況指数は2020年5月以来の低水準を記録し、長期債などの利回り水準が低下したことが株価指数の上昇につながったようだ。。
10/04 09:16

10/4の強弱材料

10/4の強弱材料
10/04 08:26

NYの視点:米金利にピーク感、FRB想定程タカ派姿勢を維持できない可能性も

米供給管理協会(ISM)が発表した9月ISM製造業景況指数は50.9と、8月52.8から予想以上に低下しパンデミックによる経済封鎖直後の2020年5月来で最低となった。
10/04 07:29

今日の注目スケジュール:豪オーストラリア準備銀行が政策金利発表、米製造業受注、米JOLT求人件数など

今日の注目スケジュール:豪オーストラリア準備銀行が政策金利発表、米製造業受注、米JOLT求人件数など
10/04 06:30

セブン&アイHDを対象とするプット型eワラントが上昇率上位にランクイン(3日10:01時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしては日産自動車<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0720100?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7201></a>プット272回 10月 525円、東日本旅客鉄道<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0902000?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9020></a>コール179回 10月 6,800円などが見られる。
10/03 10:13

10/3の強弱材料

10/3の強弱材料
10/03 08:31

NYの視点:【今週の注目イベント】米雇用統計、ISM製造業・非製造業景況指数、ECB議事要旨、OPECプラス

今週は米国では、雇用統計や全米の製造業やサービス業の活動動向を示すISM製造業・非製造業景況指数など重要指標の結果に注目が集まる。
10/03 07:40

今日の注目スケジュール:日銀短観、製造業PMI、米ISM製造業景況指数など

今日の注目スケジュール:日銀短観、製造業PMI、米ISM製造業景況指数など
10/03 06:30

国内外の注目経済指標:9月米雇用統計はまちまちの内容か

10月3日−7日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。
10/01 14:53

米長期金利は株安でも下げ渋る状態が続くか

29日の米国株式市場は主要株価指数が下落。米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的なインフレ対策が米国経済を圧迫するとの見方は変わっていないため、長期金利の動向を意識した相場展開となった。クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、「利上げにより高インフレを抑制するとのFRBの行動を変更するような金融市場の機能不全は見られない」と述べた。CMEのFedWatchによると、12月開催のFOMC会合で、FF金利の誘導目標水準が4.25-4.50%となる確率は55%程度。また、2023年1月開催のFOMC会合で、FF金利の誘導目標水準が4.50-4.75%となる確率は55%程度。株安の影響で米利上げ確率は若干低下したようだが、2023年にかけてFF金利は4.6%程度まで上昇することを市場は一定水準の確率で想定している。英国の財政悪化懸念は消えていないため、金融市場の不確実性が大幅に低下することは期待できないが、米長期金利は株安でも下げ渋る状態が続くとみられる。《MK》。
09/30 21:06

銀リンク債を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(30日10:00時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしては三菱重工業<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0701100?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7011></a>コール199回 11月 4,800円、サイバーエージェント<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0475100?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><4751></a>コール218回 11月 1,500円などが見られる。
09/30 10:07

9/30の強弱材料

9/30の強弱材料
09/30 08:28

 1 2 3 4 5 6  次へ進む