ホーム > ニュース一覧 > 分析・コラム(1)

分析・コラムのニュース

相場展望9月20日 米国株に懸念材料、経験則通り9月後半は軟調 日本株、急ピッチ上昇の反動と米株連動で一服

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/16、▲63ドル安、34,751ドル(日経新聞) ・小売売上高、フィラデルフィア製造業指数の発表を好感し消費関連株が買われた。
09/20 08:05

レーバーデー後の投資には注意が必要?

毎年、レーバーデー後の株価が注目されている。
09/17 16:40

【どう見るこの株】ヴィッツは反発の動き強める、22年8月期収益拡大期待

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ヴィッツ<4440>(東1)は、自動車・産業製品向け組込ソフトウェア開発を主力としている。
09/17 10:11

【どう見るこの株】フィードフォースグループは反発の動き、22年5月期大幅増益予想で収益拡大基調

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 フィードフォースグループ<7068>(東マ)(旧フィードフォースが21年9月1日付で持株会社に移行して商号変更)は企業のデジタルマーケティング支援を展開している。
09/17 10:10

相場展望9月16日 米国次の焦点は、(1)増税 (2)消費者物価の株価反応 日本株は買戻し高、次は中長期投資家の買い期待

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/13、NYダウ+261ドル高、34,869ドル(日経新聞) ・NYダウは、先週は新型コロナの感染拡大で米景気回復が鈍るとの警戒感から米株式相場に売りが続き、2カ月ぶりの安値を付けていた。
09/16 08:46

崩れた平穏相場と「最期」の日経平均株価高騰 後編

アメリカのダウ平均株価は、コロナ禍対策における大規模な金融緩和と財政出動に支えられて、世界を大きくリードしながら上昇を続けてきた。
09/15 11:36

崩れた平穏相場と「最期」の日経平均株価高騰 前編

解散総選挙という政治の重要局面を迎えて、「アベノミクスの再来」に日本の株式市場は色めき立ち、9月14日(火)の日経平均株価は続伸、2月16日に付けたバブル経済崩壊後の終値最高値30,467円を更新して引けた。
09/15 07:46

【どう見るこの相場】「2050年カーボンニュートラル」の政策継続性は木材関連株の株高継続性

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■再生エネルギー関連株や原発関連株が動意付き、先取りの動きも 菅義偉人首相が、自民党の総裁選挙に立候補しないと表明した9月3日以来、株価が急騰し、日経平均株価が、1800円超高して3万円大々台を回復し、東証株価指数(TOPIX)に至っては、年初来高値を更新した。
09/14 07:39

相場展望9月13日 米NYダウ5日間続落が示唆するものは? 8/30起点に、『日経平均上昇&米NYダウ下落』

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/09、NYダウ▲151ドル安、34,879ドル(日経新聞) ・デルタ型変異株の感染拡大による米景気の回復鈍化懸念が売りを誘った。
09/13 08:22

【どう見るこの株】HPCシステムズは戻り試す、22年6月期2桁増収増益予想

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 HPCシステムズ<6597>(東マ)はハイパフォーマンスコンピューティング分野のソリューションを提供するニッチトップ企業として、学術基礎研究や先端研究開発を支援するプラットフォーマーを目指している。
09/10 08:00

エルサルバドルのビットコイン法定通貨採用、波乱のスタートに

中米のエルサルバドルは7日から、仮想通貨ビットコインを法定通貨化したが、ビットコインの価格は約20%近く下落した。
09/09 16:48

相場展望9月9日 米国『景気後退とインフレ、金利上昇』⇒株安懸念 日本『新首相ご祝儀相場、一服か』⇒株安の備えを

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/6、レーバーデーの祝日のため休場 2)9/7、NYダウ▲269ドル安、35,100ドル(NHK) ・感染力が強い変異ウイルスのデルタ株感染が米国で広がっていることを受けて、景気回復が鈍ることへの懸念が高まり、景気敏感株を中心に売り注文が出た。
09/09 08:51

【どう見るこの株】WDBココは上値試す、22年3月期増収増益予想、さらに上振れの可能性

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 WDBココ<7079>(東マ)は、CROとして安全性情報管理サービスを主軸とする医薬品・医療機器の開発支援を展開している。
09/08 08:54

【どう見るこの相場】菅義偉首相を反面教師に最大の経済対策はコロナ対策、感染症予防関連株が中心に?

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■総裁選挙、新内閣組閣という政治空白で大悲観シナリオも懸念 「明かりははっきり見え始めている」と記者会見で発言したのは、菅義偉首相である。
09/07 08:40

【小倉正男の経済コラム】総裁選:「ガバナンス改革」が序盤戦の趨勢を決めた

■権力にはチェック・アンド・バランスが必要 菅義偉首相が、総裁選へ出馬を断念した。
09/06 08:43

相場展望9月6日 日本株、衆院選挙日までは強気 米国株9月は売られやすいが、過剰マネーが下支え

■I.米国株式市場 1.NYダウの推移 1)9/2、NYダウ+131ドル高、35,443ドル(日経新聞) ・新規失業保険件数が減少し改善したことや、7月製造業受注が予想を上振れ、雇用回復の鈍化懸念が和らいだのを好感しNYダウは上昇。
09/06 08:22

バルチック海運指数から見える海運株の好調

日経平均が伸び悩む中、日本の海運株が好調である。
09/04 08:48

量子コンピュータがビットコインを暴落させる? 千載一遇の買いタイミングとなる理由

7月27日、いよいよ量子コンピュータが国内でその姿を現した。
09/02 11:46

相場展望9月2日 外資系買い仕掛け? 題目:(1) 衆院総選挙で経済対策 (2) ワクチン接種上昇で経済正常化 (3) 日本株の割安

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/30、NYダウ▲55ドル安、35,399ドル(日経新聞) ・NYダウは、景気敏感株の一角に目先の利益確定売りが優勢だった。
09/02 09:02

【株式市場特集】9月末に株式分割の権利付き最終日を迎える銘柄に注目

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 日本郵船<9101>(東1)は、今3月期業績のすでに2回目の上方修正と年間700円への増配を発表し、上場来高値8570円まで急騰して7170円安値まで調整したが、前週末には再び最高値を窺った。
08/31 10:17

【どう見るこの相場】9月相場は実りの秋か事変の予兆か?硬軟両様ならプラスαの株式分割銘柄に優先順位

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 いよいよ9月、秋相場である。
08/31 10:16

【どう見るこの株】リックソフトは織り込み完了で底打ちの可能性、出直りに期待

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■安値から切り返して反発の動き強める リックソフト<4429>(東マ)はソフトウェア販売のツールソリューション事業を展開している。
08/31 10:15

【どう見るこの株】スペースバリューホールディングスは上値試す展開に期待、22年3月期大幅増益予想

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■プライム市場の上場維持基準適合を確認 スペースバリューホールディングス<1448>(東1)は2000平方メートル未満を中心とする建築事業をコア領域としている。
08/31 10:13

相場展望8月30日 パウエル議長講演を、(1)株式市場は都合良い解釈で好反応、(2)債券・為替市場は緊張感漂う反応

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/26、NYダウ▲192ドル安、35,213ドル(日経新聞) ・朝方は高く始まったが、買い一巡後は高値警戒による利益確定売りが優勢となる。
08/30 08:21

トヨタショックで夏枯れ相場か

トヨタ自動車が9月の世界の生産台数を4割削減すると発表し、波紋を広げている。
08/26 17:08

 1 2 3 4 5 6  次へ進む