ホーム > ニュース一覧 > 宇宙(1)

宇宙のニュース

粒子が反粒子より多い謎解明へ マヨラナニュートリノの最新研究 東北大ら

宇宙誕生時には粒子も反粒子も同じように生成されたと考えられているが、なぜか現在の宇宙では粒子のほうが圧倒的に多い。
02/03 16:11

太陽系外惑星の動き捉えたタイムラプスビデオ 米ノースウェスタン大学が公開

望遠鏡で星を眺めたことがある人なら誰でも知っていることだが、太陽以外の恒星はどんなに倍率を高くしても、点にしか見えない。
02/01 15:38

NASAの火星探査機MRO、火星で「熊」のような地形を発見

NASA の 火星探査機 Mars Reconnaissance Orbiter (MRO) 搭載の高解像度カメラ HiRISEが、火星で子熊の顔のような地形を捉えた。
01/31 16:50

NASAとDARPA、2027年にも原子力ロケットの実証試験へ

NASAとDARPAは原子力推進ロケットのエンジンの実証試験を2027年にも行うと発表した。
01/31 16:49

緑色のZTF彗星、次に見られるのは5万年後

NASAによると、ズィーティーエフ彗星(C/2022 E3)が、2月2日に地球に最接近するそうだ。
01/28 11:46

ISTが大型ロケット「DECA」の開発を発表、2030年代予定

インターステラテクノロジズ社は24日、事業戦略発表会の中で、次世代大型ロケット「DECA」の開発計画に着手したと発表した。
01/26 15:54

時間の始まり解明に繋がる重力波方程式 米研究所が考案

重力波は、アインシュタインが1916年にその存在を予言し、およそ100年後の2015年に、初めて存在が捉えられた。
01/25 16:27

ソユーズ宇宙船の事故は隕石衝突が原因 帰還予定の時期は変えず ロスコスモス

ロシアのMS-22宇宙船は、国際宇宙ステーション(ISS)に乗員を送り込むために2022年9月に打ち上げられ、ISSにドッキングされていた2022年12月15日に冷却液漏れが発見された。
01/25 11:17

世界のロケット打ち上げ回数、2022年は186回で記録更新

2022年の年末までに試みられた世界のロケット打ち上げ回数は186回で、2021年の146回を超え、2年連続で過去最高を更新することとなった。
01/18 17:07

宇宙塵の生成プロセスを解明 北大や東北大の研究

宇宙塵(宇宙ダスト)とは、ウィキペディアによれば「星間物質の一種で、宇宙空間に分布する1mm以下の固体の粒子」とされる。
01/18 08:13

SpaceXと米国立科学財団、Starlinkによる天体観測への悪影響防ぐ協力に合意

SpaceX と米国立科学財団 (NSF) が Starlink 衛星コンステレーションの天体観測に対する悪影響を防ぎつつ、米国内で少しでも多くの場所にインターネットアクセスを提供するため協力していくことで合意したそうだ。
01/17 11:34

宇宙から突然飛来する火球の正体、迅速に解明 ロンドン自然史博物館

火球とは流星の中でも非常に明るく輝くものを指す。流星群の中でも火球が出現しやすいものがあり、年末に出現し、3大流星群の1つに数え上げられる双子座流星群はその典型だ。
01/17 07:50

Virgin OrbitとABL Space Systems、小型ロケット2社が相次ぎ打ち上げ失敗

1月9日、航空機からの小型ロケットLauncherOneの空中発射を手掛ける米宇宙ベンチャーVirgin Orbitは、初めてとなるイギリスの空港から離陸しての打ち上げを実施したが、2段目のエンジン燃焼中に異常が発生。
01/13 11:37

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、131億年前の銀河と若い銀河の類似性発見 NASA

私たちの宇宙は、およそ138億年前に誕生したと考えられている。最新のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はその驚くべき解像力から、宇宙が誕生して間もない頃に発せられたかすかな光を捉え、その時代に起こっていた様々な事実を明らかにしつつある。
01/12 07:52

ZTF彗星が2月1日に地球に最接近 肉眼で見える可能性も

新年早々天文ファンにとっては楽しみなニュースだ。2022年3月に発見されたZTF彗星(ZTFはZwicky Transient Facilityの略)が1月12日に太陽に最接近(1.11天文単位)し、2月1日には地球に最接近(0.28天文単位)する。
01/11 08:49

民間の月探査「HAKUTO-R」、着陸船が2度目の軌道修正

「HAKUTO-R」は、日本の民間企業ispaceによる月面探査ミッションだ。
01/06 09:03

火星で水分を豊富に含んだオパール層発見 アリゾナ州立大の研究

NASAは2030年代に人間を火星に送り込む目標を持っているが、具体的な道のりは、まだ不明点が多い。
01/05 16:40

地球に脅威を与える暗い天体を発見へ NASAが観測網開発に着手

現在、世界は核戦争がいつ起こってもおかしくない状況にさらされている。
12/31 09:53

JAXA、月探査機「OMOTENASHI」不具合の調査結果を報告

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、月面探査機「OMOTENASHI」のトラブルに関して調査結果を発表した。
12/29 16:03

土星の衛星エンケラドスに生命は存在するか 人工衛星で探査する方法 アリゾナ大ら

宇宙で生命が誕生する確率は、フレッド・ホイルによれば10の4万乗分の1という少数では0を4万個も並べなければ表示できないとてつもなく小さな値だ。
12/29 08:44

火星着陸機InSight、ミッション終了

NASA は 21 日、火星着陸機 InSight のミッション終了を発表した。
12/25 18:55

アリアンスペースのヴェガCロケット、打ち上げ失敗

欧州のアリアンスペースは21日の10時47分(日本時間)、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターから「ヴェガC」ロケットの打ち上げを実施した。
12/23 17:54

恒星内部の核融合で生成されないホウ素 宇宙線観測で起源解明へ 早大らの研究

原子番号26の鉄までの元素は、恒星内部の核融合反応によって生成され、それよりも原子番号の大きな元素は、超新星爆発によって生成されたというのが一般常識だ。
12/23 08:42

赤色矮星を周回する岩石惑星には居住可能か? カリフォルニア大らの研究

太陽は誕生から約50億年が経過した壮年期の恒星だが、あと数十億年後には赤色巨星化し、地球も飲み込まれる運命にある。
12/21 16:27

ピンポン玉サイズの超小型衛星で、スマホとの直接通信目指す日本企業

今年はStarlinkが大きな話題になったが、こうした人工衛星とスマートフォンとの直接通信に関して日本でも実現を目指す企業が出てきているという。
12/20 17:46

 1 2 3 4 5 6  次へ進む