ホーム > ニュース一覧 > 経営・ビジネス(1)

経営・ビジネスのニュース

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (70)

ある晩、あなたは恵比寿の中華レストランで食事を済ませ、レジで支払いをしていました。人の気配を感じ、ふと横を見ると、なんと、週刊プレイボーイの巻頭でよく見かける「あなたの激押しグラビアアイドル」が眼前に立っていたのです。
06/06 17:10

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (69)

「天空橋くん。再来年の40億の件、キミに任せてみようと思う。競合だが、できるか?」
05/06 16:01

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (68)

競合プレゼンの時は異常に闘争心が湧くものです(主観)。そして、それには勝敗という結果が必ずついてきます。
04/08 07:26

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (67)

行動経済学では、人と同じものを避けようとする心の動きを「スノッブ効果」と呼びます。
02/18 08:28

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (66)

あなたは明後日に控えた競合プレゼンのために残業をしています。
01/25 08:06

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (65)

一方的に好きな人に食事をご馳走する。家に訪れた娘の彼氏に手土産を渡す。自社の取締役たちのゴルフコンペの幹事を自発的に務める。
12/24 08:05

自然にポジティブなESG経営とは? 投資尺度となる時代がやってくる

SDGsなど、環境に対する世界的な意識の広がりの中で、ESG経営を重視する企業が増えてきた。
12/12 16:57

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (64)

「明日会う担当者はマジメで厳しい人らしいから、低音ボイスで落ち着いたビジネスパーソンを装ってみようかな……」、「ちょっとふざけた企画だから、逆にスーツ着て誠実感と大声で正当性をアピールしようかな……」などと、初対面のプレゼン相手をリサーチしたり、挨拶や服装といった「自分の見せ方・印象の残し方」を色々と考え込んでしまうことがありませんか?   これらは、「最初の良い印象が残り続ける」ことを無意識に理解して取る行動です。
12/06 15:53

日本が生んだ温故知新の事業承継型起業。人から人へ、想いと事業を承継する(連載第3回)

(連載第3回)0→1起業ではなく、今ある会社を受け継ぐ「ネクストプレナー」による事業承継。
11/10 08:17

その進路選択は、自分の幸せにつながる?誰もが自分の基準で人生を築ける社会を目指して(連載第4回)

「住む場所を変えれば、出会う人も変わる。学ぶ場所を変えれば、新しい世界が見える」。生まれ育った都道府県の枠を超えて、地域の魅力的な高校へと進学する「地域みらい留学」という事業があります。
11/08 11:43

「失われた30年」「大廃業時代」日本経済の大きな課題を解決するために、求められるのは"次の"後継者(連載第2回)

(連載第2回)0→1起業ではなく、今ある会社を受け継ぐ「ネクストプレナー」による事業承継。
11/03 16:24

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (63)

下期に入り、来年3月の個人面談・個人査定に向けて焦り始めている方もいることでしょう。
11/02 19:01

地域に「通いたい!」と思える学校を。高校の魅力は、地域の魅力につながる(連載第3回)

「住む場所を変えれば、出会う人も変わる。学ぶ場所を変えれば、新しい世界が見える」。生まれ育った都道府県の枠を超えて、地域の魅力的な高校へと進学する「地域みらい留学」という事業があります。
11/01 11:26

起業はゼロから始めない!今ある会社を継いで育てる新しい事業承継とは(連載第1回)

(連載第1回)0→1起業ではなく、今ある会社を受け継ぐ「ネクストプレナー」による事業承継。
10/27 08:37

「自分はどう生きたいか」がわからない子どもたち。社会と関わることが、子どもの意志を育む(連載第2回)

「住む場所を変えれば、出会う人も変わる。学ぶ場所を変えれば、新しい世界が見える」。
10/25 12:08

どこで何を学ぶかは、自分で決める。都道府県の枠を越えた新しい進学「地域みらい留学」の取り組み(連載第1回)

「住む場所を変えれば、出会う人も変わる。学ぶ場所を変えれば、新しい世界が見える」。
10/18 11:45

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (62)

「所作が美しい人=思考もスマートな人」、「話が面白い人=プレゼン上手な人」、「美人=心も美しい人」、「高学歴者=昇進が早い人」、「高身長の人=能力も高い人」、「優しくしてくれた人=性格が良い人」、「有名企業勤務の人=いろいろちゃんとしている人」、「英語が堪能な人=ずば抜けて仕事ができる人」……と、私たちは「人物のある1面が優れていると、その他の面もきっと優れているに違いない」と思い込み、その人の全体を過剰に高く評価してしまうことがあります。
10/13 07:31

障がいはテクノロジーで補完される時代に。障がい者をサポートする役割は、施設内から社会全体へ広がっていく(連載2回目)

(連載2回目)障がいのある方がより自分らしく、豊かな人生を描ける社会を目指し、「障がいのある方にまつわる情報プラットフォームの提供」を展開する、株式会社Lean on Me。
10/11 11:48

障がい者施設で働く全ての職員に、正しい知識とスキルを。その支援は「虐待」かもしれない(連載1回目)

(連載1回目)障がいのある方がより自分らしく、豊かな人生を描ける社会を目指し、「障がいのある方にまつわる情報プラットフォームの提供」を展開する、株式会社Lean on Me。
10/04 13:34

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (61)

前回は、「直感思考のヒューリスティック」と「熟慮・検討する合理的なシステマティック」という2つの思考を使い分けて、人間は生活していると話しました。
09/29 16:46

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (60)

今日は、「ヒューリスティック(簡便法)」について少し話します。
09/10 07:37

誰もが、もっと自分らしく、しあわせに生きるために。そのテクノロジーは人間に寄り添うものになっているか?(連載9回目)

【連載9回目】技術はどんどん進化しているのに、暮らしやすくなったり、日々が豊かになったような気があまりしない……。
09/03 07:43

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (59)

皆さん、いつも企画プレゼンは何案で勝負していますか? ハードな競合案件、ルーチン案件、要求度の高低差などによって提案数は異なると思いますが、大体、「3提案(3方向)」が多くないでしょうか。
08/20 08:02

 1 2 3 4 5 6  次へ進む