トヨタ、モータースポーツ参戦を通じて「水素エンジン」技術開発に挑戦

2021年5月4日 08:56

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

カローラ・スポーツをベースとしたレース車両に水素エンジンを搭載し、スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦し、水素エンジンのポテンシャルを高める

カローラ・スポーツをベースとしたレース車両に水素エンジンを搭載し、スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦し、水素エンジンのポテンシャルを高める[写真拡大]

 トヨタ自動車は、カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと公式に発表した。

 スタートした実験車両は、カローラ・スポーツをベースとした競技車両だ。そこに水素エンジンを搭載し、5月21日から23日に行われるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レースから「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として投入する。

 モータースポーツという車両に対して厳しい環境で水素エンジンを鍛えることで、サスティナブルで豊かなモビリティ社会を実現すべく実証する。

 トヨタの「MIRAI」など燃料電池車に使用されている燃料電池(FC)が、水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させモーターを駆動させる。これに対し、水素エンジンは、ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、ガソリンの代わりに水素を燃焼させることで動力を発生させる内燃機関だ。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時にCO2は発生しない。

 水素エンジンにおける水素の燃焼の速さは、ガソリンよりも速く、応答性が良いという特徴があり、優れた環境性能を持っている。同時に、クルマが持つ、音や振動を含めた「クルマを操る楽しさ」を実現する可能性を秘めている。

 今回研究を進めている水素エンジンには、昨年9月に販売を開始したGRヤリスなど、モータースポーツで鍛え続けてきた技術も活かされている。安全性については燃料電池車の開発やMIRAIの市販を通して、積み重ねてきた技術・ノウハウを活用する。

 なお、競技には福島県浪江町「福島水素エネルギー研究フィールド」において製造された水素を使用する予定だ。水素活用の促進により水素活用インフラ拡大を目指すとともに、引き続き経済復興・地域の活性化に向けた取り組みも関係者とともに進めていくという。

 トヨタはこれまでもカーボンニュートラルへの実現に向けて、FCVのみならず産業用フォークリフトなど多くのFC製品の普及による水素活用の促進を目指し、取り組みを強化してきた。水素エンジン技術をモータースポーツでさらに鍛えることで、より良い水素社会の実現を目指していくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
テロ対策未完成で40年超原発3基再稼働に同意
温室効果ガス「46%減やり遂げたい」と総理
温室効果ガスの削減目標 気候サミット節に判断

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池水素カローラMIRAIヤリス

関連記事