航続距離約140kmの電動バイク「TS STREET HUNTER」発売 MSソリューションズ

2021年5月4日 08:48

印刷

TS STREET HUNTER(画像: MSソリューションズの発表資料より)

TS STREET HUNTER(画像: MSソリューションズの発表資料より)[写真拡大]

  • TS STREET HUNTER(画像: MSソリューションズの発表資料より)
  • リチウムイオンバッテリー:発表資料より
  • 小物入れ:発表資料より
  • ファングスライト:発表資料より
  • キングコングブラック:発表資料より
  • ナルドグレイ:発表資料より
  • ダイヤモンドブルー:発表資料より
  • ポーラーホワイト:発表資料より

 MSソリューションズは4月27日、販売中の電動バイクSUPER SOCO「TSX」の進化版となる「TS STREET HUNTER(ティーエス ストリートハンター)」の取り扱いを開始すると発表した。発売時期は2021年6月上旬を予定している。

【こちらも】電動バイクniu「NQi GT」2021年モデル発売 新カラー含む3色展開 MSソリューションズ

 1バッテリーモデルと2バッテリーモデルの2タイプが設定され、価格は1バッテリータイプが39万9,800円、2バッテリーモデルは49万9,800円(いずれも消費税込)。

■TS STREET HUNTERのスペック

 TS STREET HUNTERは、原付2種で乗ることができる電動バイク。バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを用いており、定格出力は1000W、最大出力は3500Wとなっている。バッテリー1つの定格容量は1920Whとなっており、2バッテリーモデルは2倍の3840Whとなる。航続距離は約140kmで、直線距離でいうとおおよそ東京駅から静岡県静岡市までとなる。

 サイズは2038×780×1085mm(L×W×H)で乗車定員は2名。

■TS STREET HUNTERのデザイン

 TS STREET HUNTERはスポーティモデルとなっており、シャープで重厚感があるスタイリングとなっている。いわゆるストリートファイタースタイルのデザインで、肉食動物の鋭い牙を連想させるものにグレードアップした。

 ボディカラーはキングコングブラック、ナルドグレイ、ダイヤモンドブルー、ポーラーホワイトの個性際立つ4色が設定されている。

 ライディングポジションは人間工学に基づいた快適なポジションを採用し、モーターにホイールハブを装備、バッテリー位置を低い位置に設定することで低重心化を図った。

 最高速度は75km/hで街乗りから遠出までマルチにドライブが楽しめる仕様となっている。

■TS STREET HUNTERの装備

 バッテリーは先にも挙げた通り、最大で2つ搭載が可能で、車体から取り外して家庭用コンセントにより充電ができる。収納スペースはシート手前に設けられており、小物を入れることも可能。ヘッドライトはシャープなファング形状となっている。照射範囲は広く設定されており、夜間、悪天候の時でも高い視認性がある。

■New モデル超先行予約キャンペーン

 2021年4月15日~6月30日まで新車種を予約したユーザーに、本体価格から5%オフと最大9,918円のオプション品をプレゼントする「New モデル超先行予約キャンペーン」を実施している。対象車種はTS STREET HUNTER、TC MAX、niu MQi GTの3車種。オプション品は純正バイクカバーとワイヤーロック、スマートフォンホルダーの3点。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード原付(原動機付自転車)

関連記事