ショコラ専門店「ベルアメール」チョコスイーツが楽しめるカフェ併設店舗が自由が丘にオープン

2021年4月26日 16:56

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ショコラ専門店「ベルアメール」の新店舗が、東京・自由が丘に2021年4月22日(木)オープン。

 スイーツショップ「ショコラ ベルアメール 自由が丘店」と、カフェ「カフェ ベルアメール」を併設した新スタイルの店舗が、東京・自由が丘に誕生。

■「ショコラ ベルアメール 自由が丘店」

 「ショコラ ベルアメール 自由が丘店」では、ショコラティエによる繊細な手仕事で作られたショコラや、伝統的な洋菓子をベルアメール流にアレンジしたケーキなどのオリジナル生菓子、毎日店内で焼き上げるベイクドスイーツなどを販売する。

 おすすめは、フルーツを使った2種類のショコラ。「国産フルーツショコラ」は、自家製ドライフルーツをトッピングし、さらにガナッシュにも国産フルーツを使用することで、爽やかな味わいに仕上げた。フレーバーは、りんご、白桃、苺、キウイ、伊予柑などが揃い、いずれも国産フルーツを使用している。

 ロリポップキャンディーのようにカラフルな「フルーツポップ」は、国産フルーツを使って、ジューシーな果実感を表現した。

■「カフェ ベルアメール」

 一方、「カフェ ベルアメール」では、チョコレートのデザートやアフタヌーンティーなどを展開。中でもスペシャリテとなるのが、“大人のティラミス”「スペシャルデセール フローラルカカオティラミス​」。カカオの実をイメージしたショコラの中に、ティラミス、カカオの果肉「カカオパルプ」のソルベ、さらに、軽くフランベした香りづけしたバナナをイン。酸味、ほろ苦さ、チョコレートの甘さが交わった複雑で奥行きのある味わいを楽しめる。

 オープン時には、季節限定のデザートとして爽やかな"チョコミント"フレーバーのメニューも登場。ミントのムースとショコラクリームを合わせて、サクサク食感のショコラビスキュイを詰め込んだ。トップには、ブロンドチョコのプレートと抹茶のシガーをデコレーションして、植木鉢に入ったミントの木を表現している。

 さらに、スイーツだけでなく、カカオを使用したユニークなフードメニューもラインナップ。カカオを加えて香ばしく仕上げた「カカオとそば粉のガレット」や、スパイシーなカカオオイルをかけて味わう「チキンカレー スパイシーカカオオイル添え」など、おなかも大満足なこだわりフードが展開される。

■【詳細】

 ショコラ ベルアメール 自由が丘店&カフェ ベルアメール
オープン日:2021年4月22日(木)
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-4 岡ビル1階
TEL:03-6421-1466
営業時間:10:30~19:30(カフェ L.O.19:00)
<メニュー例>

■ショコラ ベルアメール 自由が丘店

・国産フルーツショコラ 各324円(税込)
・「フルーツポップ」各432円(税込)

■カフェ ベルアメール

・スペシャルデセール フローラルカカオ~オリジナルティラミス~ 1,760円(税込)
・季節のデセール ショコラミント 1,760円(税込)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードチョコレート

関連記事