マザーズ先物概況:続落、25日線を割り込むもボックスの下限

2021年4月21日 16:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:09JST マザーズ先物概況:続落、25日線を割り込むもボックスの下限
21日のマザーズ先物は前日比38.0pt安の1189.0ptとなった。なお、高値は1227.0pt、安値は1188.0pt、取引高は3754枚。本日のマザーズ先物は、米国市場やナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、続落でスタートした。現物株の寄り付き後は、BASE<4477>やメルカリ<4385>など時価総額上位の銘柄が軒並み安でスタートし、相場を押し下げ、マザーズ先物は軟調な値動きでの1日となった。日足チャートでは3月29日以来の30.0ptを超える下落幅となり、25日線を割り込みしたものの、直近のボックス圏の値動きの下限の位置で下げ止まりとなった。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース