大阪金概況:上昇、株大幅安や落ち着いた動きの米長期金利を反映

2021年4月21日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:上昇、株大幅安や落ち着いた動きの米長期金利を反映
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:6203円(前日日中取引終値↑38円)

・推移レンジ:高値6203円-安値6174円

21日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は上昇した。昨日の米国市場で株価が下落した流れを受け、今日の東京株式市場で日経平均が大幅続落となり、安全資産とされる金が買われやすい地合いとなった。また、昨日の海外市場で低下した米長期金利が、その後も落ち着いた動きとなり、金利のつかない資産である金の魅力上昇が意識され、こうした動きを映し、今日の金先物は買い優勢の展開となり、本日の高値で取引を終えた。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース