ミヤオ 2021年秋冬コレクション - 青について──白と黒に咲く花

2021年4月21日 08:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミヤオ(MIYAO)の2021年秋冬コレクションが発表された。

■“青い花”に誘われて──

 白と黒の世界に冷え冷えと咲く青い花──ブラックとホワイトの二重奏のなかに凛として響きわたる、このブルー。それはドイツの詩人ノヴァーリスに倣うならば、“此処ならぬ何処か”への憧憬を仮託するものでもあろう。息の詰まるような“此処”を離れて“何処か”へと誘う、青い花──。

■ドレッシーにアレンジするTシャツ

 “何処か”へと思いを致すとき、その糸口には“此処”の意識がある。じじつここで、起点となるのはTシャツである。身にまとってストレスを感じることのない、その気楽さ。そうしたリラクシングなTシャツに、ドレッシーなムードを漂わせる。ワンピースはTシャツのデザインを踏襲しつつも、レースで縁取った四角いファブリックを使用し、フロントにダイナミックなドレープを生みだした。

 また、ロングTシャツには随所に大胆なカットを施し、それを橋渡しするようにリボンをふんだんに連ねて。あるいは、ベーシックなフォルムを基調としつつも透け感のある素材でアレンジするなど、Tシャツをベースに、甘く華やかな雰囲気に仕上げた。ともに合わせた、ふんわりと夢の中に広がるようなチュールスカートやレース飾りも、花のように優美な表情を引き立てているといえる。

■モノトーンに青を咲かせて

 「青い花」に誘われて、コレクションには澄みきったブルーが随所に取り入れられている。ショート丈のトレンチコートは、ドロップショルダーとゆったりとした身幅でリラクシングに仕上げつつも、目の覚めるような──むしろ、“何処か”へと誘うような──鮮やかなブルーをのせて。また、透け感のあるワンピースにはシャーベットのように爽やかな水色を使用した。

 そして、フーディやワイドパンツなどには、絵付けを施した陶器から着想を得て、白を基調に青い花をふんだんに咲かせた。リラックス感あるアイテムを基調としながらも、冷ややかな表情を醸しだす花のモチーフや、透け感のある素材で切り替えた袖先などが、絶妙な華やかさを演出している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミヤオ(MIYAO)2021年秋冬コレクション

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース