日産、熊本・合志市と福島・伊達市でEV使用の災害連携協定

2021年4月18日 07:19

小

中

大

印刷

日産グループと合志市による災害連携協定の締結会見(画像: 日産自動車発表資料より)

日産グループと合志市による災害連携協定の締結会見(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は15日、熊本県合志市と電気自動車を用いた「災害連携協定」を締結、16日には福島県伊達市とも同様の協定を結んだことを発表した。

【こちらも】熊本市と日産、EV活用した持続可能なまちづくりで連携協定

 災害対策をめぐる協定を結んだのは、合志市では、日産に加えて、熊本日産自動車と日産プリンス熊本販売。伊達市では、日産に加え、福島日産と日産プリンス福島販売。地元の日産グループが、本社や各自治体の提携をサポートする形だ。

 2つの自治体における協定内容は共通である。地元の販売会社が日産リーフを災害対策のために提供。地震や台風等で大規模停電が発生した場合、リーフを電力源として代用できるようする。また避難所のスムーズな活用のために、リーフの電力で各種インフラが使えるようにする狙いだ。

 2011年の東日本大震災では、伊達市のある福島県が津波や原子力発電所事故に見舞われ、顕著な被害を受けている。熊本県でも2016年の熊本地震により甚大な被害を受けている。各自治体がそれぞれの有事の教訓として、日産リーフの力を借り、停電によるインフラ被害の早期解決を目指す。

 日産は、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」をスタート。リーフをはじめとした自社開発のEVを使った社会変革を進めている。このプロジェクトでは防災に限らず、地球温暖化、観光、過疎化など地方で起きるさまざまな問題解決が目的だ。SDGsの達成を通し、地域活性化へ貢献する狙いである。

 近年も各地で災害が相次いだだけに、とくに被災地域は防災に対する関心が強い。日産のEVを使った災害対策活動は、そうした自治体の要望とマッチした格好だ。社会変容で活用法が多様化する自動車に、災害現場でも新たな活用策が生まれている。

関連キーワード電気自動車福島県日産自動車熊本県地震台風日産リーフ

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース